上杉りゅう氏の『LINEテンプレート』は既読スルーとおさらばどころかLINEだけで付き合うことも出来る?あなたは、こんな期待を持っていると思いますので、解説していきます。

 

男女のやりとりが主にメールからLINEになった現在では、LINE術というのは非常に重要です。メールとLINEは「リアルタイム性」「スタンプが使える」などという点で、性質が大きく異なります。

ここをきちんと理解していないとメール世代の男性は苦戦します。事実、メールの時にはデートに誘えていたけれどLINEになってからデートのアポ率が下がったという男が俺の周りにも複数人います。

 

LINEテンプレートでは、LINEの持つ特徴から対女性に効果的なメッセージの送り方の理論をテンプレート付きで学べます。基本的には、

 

「彼女の好感度を判断するLINEを送る」

「返信によって好感度の度合を判断する」

「好感度に即したテンプレートを送る」

 

という一連の流れで女性の好感度を上げてGETしていくと説明されていますが、ノウハウとして使えるのかどうか検証していきます。

 

⇒ LINEテンプレートの公式サイトはコチラ

 

LINEテンプレートのレビューとネタバレ

LINEテンプレートのレビューとネタバレをしていきます。教材は一つのPDFにまとめられていて、第0章~第5章までの6つに分かれています。

 

第0 章:はじめに

この章では、簡単な挨拶やとノウハウ化できたきっかけやノウハウの概略、本テキストの読み方と実行の仕方などのガイダンス的な内容が書かれています。

 

第1 章:LINE と好感度について学ぶ

この章では、LINE とメールの違いやあなたのLINEが既読スルーされてしまうる原因について、
女性からのあなたへの好感度という話を交えて基礎知識を学んでいきます。

この章は、このノウハウの肝となる部分です。この章をしっかりと理解しないとノウハウの効果が弱くなるので重要な部分です。
具体的には、

◆LINE とメールの違い

ここでは、LINEの特徴として「リアルタイム性」以外に「●●がある」点に着目しています。
この視点は、俺もなかったのですが非常に納得できる部分でしたし、効果も高いと思います。

◆LINEが既読スルーされる原因と好感度の関係

ネタバレするとなたのLINEが既読スルーされる原因は、好感度を無視したメッセージを送っているからになるのですが、
その部分について論理的に解説されています。

◆好感度1:嫌いな人
◆好感度2:知り合い
◆好感度3:友達
◆好感度4:彼氏候補
◆好感度5:彼氏

好感度1~5についてはその好感度の状態の説明です。
既読スルーされている状態であれば、こういった基本をスルーせずに腹に落とし込むことが重要です。

第2 章:メール3原則で好感度を増幅させる

ここでは、第1章の好感度を着実上げていくメッセージについての解説です。第1章は土台の基礎知識ですが、この章がこのノウハウの具体的な部分です。3原則あるのですが、

原則1:追いかけさせる
原則2:返信したくなるメールを送る
原則3:感情を出し合う

 

それぞれの原則について、メッセージの具体例付きで解説しているので、自分のメッセージが間違っていることに気づくはずです。

 

そして、今までのメッセージを変えて送れば既読スルーされずに盛り上がるメッセージのやり取りになり好感度を徐々に上げていくことが出来たはずだということにも気づけます。

 

非常に論理的かつ具体的に説明があるので、恋愛初心者でも納得できますし、中級者以上でも気づきはあるレベルに仕上がっています。ノウハウのこの部分をスマホのどこかにメモっておけば、女性とLINEするときにどういう風にメッセージを送ればラリーが続くか?の答えがすぐに出てくると思います。

 

第3 章:LINE テンプレート

第2章でノウハウの核心が説明されていますが、この章では具体的なパターンが公開されています。
ここで凄いのは、段階別に分けられている点です。
これならば、今まで既読スルーされていた人でもやり取りが出来ると思います。

テンプレートA:初デート前の4 ステップ
テンプレートB:デート後の3 ステップ

に分類されています。

まずテンプレートAでデート出来るまでに好感度を上げてデートに繋げます。具体的には、

 

A-1:メールのきっかけを作る
A-2:感情を出し合う
A-3:デートの布石を打つ
A-4:デートを確定させる

 

このような内容の具体的なパターンが公開されています当然ですが、そのままメッセージを送ればいいものが用意されているというものではなく、あなたと口説きたい女性の状況や関係に合わせて変更して送る必要があります。

 

説明を見れば自分の場合にはどうやって送ればいいのかは、恋愛初心者でも分かるレベルに解説されているので問題はないです。

 

テンプレートBでは、初デートから2 回目のデートをするまでなどデート後からGETするまでの間に
好感度を持続させたり、さらに好感度を上げるためのメッセージのパターンを解説しています。

 

1、女性からのメールを待つ
2、デート後の詳細を尋ねる
3、感情を出し合う

 

相手からのメールを待つといってもただ待つだけではないです。その為の布石についての解説があります。デート後の詳細については、感想を聞くのではなく、●●を聞くことによって好感度をさらに上げることにも繋がります。この辺りは出来ていない人が多いと思います。

 

そして、さらにサブテンプレートが用意されています。

 

サブテンプレート1:好感度不足の時の対処法
サブテンプレート2:話題に困った時の対処法
サブテンプレート3:無視された時の対処法

 

これらについても具体例と解説がついていますので、不測の時代にも対応が出来ます。

 

第4 章:メール実録

この章では、実際に上杉りゅう氏が女性をGETするまでのやり取りが下記3人分公開されています。

 

◆メール実録1:みき

21歳で飲食店勤務
立食形式のパーティーで知り合う

 

◆メール実録2:りか
20歳の女子大生でチアガール
出会い系アプリで知り合う

 

◆メール実録3:ひとみ
23歳音大生、海外留学の経験あり
合コンで知り合う

 

出会ってからGETするまでのメッセージが漏れなく書かれているので、実際にこういう感じでやり取りをすればいいんだなというのが腹落ちすると思います。実際に、メッセージが無視されてから復活していますし、一回目のデート後のやりとりから次につなげてGETするまでのやりとりなどは参考になるはずです。

 

やり取りの中で重要なポイントについては解説があるので非常に分かりやすいですまた、記号や絵文字の使い方の雰囲気が分かるようにキャプチャ画像も一部公開されています。

 

第5 章:おわりに

この章は簡単に、魅力度向上についてと挨拶分が書かれています。

⇒ LINEテンプレートの購入はコチラ

LINEテンプレートを買わない方がいい人

LINEテンプレートを買わない方がいい人というのはあまりいませんが、そもそもコミュニケーション能力が全くなくデートに誘えたとしても女性と会話が出来ないなどということであれば、せっかくメッセージで好感度を上げてもGETは難しいです。

 

そういった方は、まず別の教材で基本のコミュニケーション能力を磨く必要があります。

 

また、LINEのメッセージのやりとりで好感度はかなり上げることが出来ます。多少会話に自信がなくても、メッセージを極めればデート時でも女性が食いついてくる状態で始まるので楽です。

 

LINEテンプレートを買った方がいい人

LINEテンプレートの対象者は広いですが、特に下記のような人にはオススメです。

 

◆会話は得意だけどメッセージは苦手
◆会えれば口説く自信はあるけどアポが取れない
◆メールからLINEに変わってアポが取れずらくなった
◆女性とのLINEが続かない
◆何を送っていいか分からずメッセージが雑になってしまう

 

こんな方は、LINEテンプレートですぐに結果が出る可能性が高いです。それ以外にも基本的にはほとんどの人にとってプラスになる教材でオススメ出来ます。

 

繰り返しになりますが、既読スルーされるのは好感度に応じたLINEのやり取りでないからで、好感度に応じたメッセージをしてそこから徐々に好感度を上げていけば「好き」という感情を抱かせることすら可能なのです。

 

さらに良いメッセージのやり取りが出来ると、会っていないのに親近感が沸いてきます。そういった状態を意図的に作り出せるのは強いです。

 

会ったときに既に好感度が上がっているとデート時が非常に楽です。

 

⇒ LINEテンプレートの購入はコチラ